Column

おうちの豆知識

  • 快適な暮らしを実現する家事動線の工夫
  • 快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

    • 新築の豆知識
  • 快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

注文住宅を建てる際に重視したいポイントの一つに「家事動線」があります。
家事動線とは、家事を行う際の移動経路や作業の流れを指し、これが効率的であることで、日々の家事負担が軽減され生活がより快適になります。
ここでは、理想的な家事動線について解説します。

キッチンの配置と工夫

キッチンとダイニングの距離

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

キッチンとダイニングが隣接していると、食事の準備や後片付けがスムーズに行えます。

例えば、アイランドキッチンや対面式キッチンは、調理をしながら家族とのコミュニケーションも取りやすく、人気の間取りです。

食事を運ぶ手間も少なく、効率的です。

パントリーの設置

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

キッチンの近くにパントリーを設けると、食品のストックや調理器具の収納に便利です。

特に、パントリー内に棚や引き出しを設けることで、物の出し入れがしやすくなり、キッチン周りを常に整然と保つことができます。

ランドリースペースの配置

家事動線を考える上で、ランドリースペースの配置も重要です。

洗濯機がキッチンやバスルームの近くにあると、洗濯や干し作業が効率的に行えます。

特に、キッチンから直接アクセスできるランドリールームは、料理の合間に洗濯を回せるため便利です。

バスルームと洗面所の工夫

バスルームと洗面所の一体化

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

バスルームと洗面所を隣接することで、入浴後の動線がスムーズになります。
主に洗面脱衣所として使用されることとなります。

また、家族が多い場合は、二つの洗面台を設けることで朝のラッシュ時でもスムーズに支度ができ、ストレスが軽減されます。

脱衣所の広さ

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

脱衣所のスペースは十分に確保することが重要です。

広めの脱衣所には洗濯機や乾燥機を置くことができ、脱いだ衣類をすぐに洗濯機に入れることができます。

さらに、洗濯物をその場でたたんで収納できるスペースを設けると、効率が上がります。

収納の工夫

各部屋に適切な収納スペースを確保

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

各部屋に適切な収納スペースを設けることは、家事動線を効率的にする上で欠かせません。

例えば、リビングにはファミリークローゼットを設け、日常使う物を一か所にまとめることで、探し物の時間が減り、家事がスムーズに進みます。

玄関の収納

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

玄関には靴やコート、傘などを収納するスペースをしっかり確保します。

特に、家族全員分の靴が収納できる大容量のシューズクローゼットや、外出時にすぐに取り出せる位置に小物収納を設けることで、出かける準備が簡単になります。

リビングのレイアウト

リビングとキッチンの繋がり

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

リビングとキッチンを一体化させたオープンフロアプランは、家事をしながらでも家族の様子を見守ることができ、安心感があります。

また、広い空間を共有することで、家族とのコミュニケーションが増え、家庭内の雰囲気も良くなります。

子供の遊び場

快適な暮らしを実現する家事動線の工夫

リビングの一角に子供の遊び場を設けることで、料理中や家事の合間に子供の様子を見守ることができます。

さらに、遊び終わったおもちゃをすぐに片付けられる収納スペースを設けると、部屋が常にきれいに保てます。

まとめ

家事動線を考慮した間取りは、日々の生活を快適にし、家事の負担を軽減します。
特に、キッチン、バスルーム、収納スペースの配置と工夫が鍵となります。

これらのポイントを抑えることで、効率的で快適な住まいを実現できます。

家事を楽にし、家族との時間を大切にするためにも、注文住宅を建てる際にはぜひ家事動線を意識した間取りを検討してみてください。

EVENT

大阪府吹田市を中心として家づくり、リフォームのイベントを開催しています。
完全無料のイベントばかりなので、お気軽にご参加ください!

GALLERY

癒される家・笑顔になる家・帰りたくなる家・自慢したくなる家・健康になる家、そんな家をつくりたい。トータリアシンコーの実例をご覧ください。